Webマガジン★ファイブレビューはお洒落や面白い商品、お店の特集記事が満載!

HOME マイスタイル ブログランキング ファイブアラカルト ファイブレビュー 求人情報_5info ログイン

ガレット&クレープ店 Petit Quatorze(プティキャトルズ)

 

プティキャトルズ 店舗写真

東京の地下鉄日比谷線六本木駅の出口a1を出て徒歩1分、六本木ヒルズ ノースタワー1Fにあるガレット&クレープ店「Petit Quatorze(プティキャトルズ)」。芸能人もよく来店するというこのお店の店内はゆったりとくつろぐことができ、落ち着いた雰囲気で女性やカップルにも人気がある。

 

 

 

  • 修行で学んだ本格ガレット

 

プティキャトルズ 写真2

ガレットはフランスの北西部ブルターニュ地方に伝わる伝統的な郷土料理。クレープのように鉄板で薄く焼き上げたものだが、小麦粉ではなくソバ粉・塩を使い、デザートではなく食事として食べられている。ガレットに乗せる具材は卵やハム、チーズなどが中心でシンプルに塩・コショウで味付けをしたものが基本だ。

 

そしてガレットを食事として、クレープをデザートとして提供するガレット&クレープのカフェレストランが多いそうだ。パリのモンパルナスは故郷ブルターニュ地方への長距離列車の出入り口。

 

いつしかそこはガレットクレープリーの集まる、フランス有数の土地となった。そして修行の日々を忘れないようにプティキャトルズ(小さな14)と店名にしたそうだ。

 

 

 

  • おすすめ料理

 

プティキャトルズ 写真3

プティキャトルズのガレットは、伝統的なガレットが約10種類(850円〜1250円)とオリジナルガレット(1,150円〜1,480円)が約10種類ある。具材を200円プラスしてトッピングすることも可能だ。ガレット生地は修行の経験とオープンしてからの試行錯誤でパリッと仕上げられている。

 

具材から出るうまみがガレットに浸み込んでやわらかくなった部分とパリッとした部分の食感の違いが美味。オリジナルガレットはタルタルソースやマスタードなどのソースを使い、具材も魚介類や野菜などさまざまなものをトッピングした創作ガレット。

 

プティキャトルズ 写真4

初めてガレットを食べる人には伝統的なガレットを、食べたことがある人はオリジナルガレットがおすすめ。ランチ時間はAM11:00〜PM15:00と長めなので、込み合うPM12:00〜PM13:00を避けて行くとランチタイムでもゆったりとした時間を過ごすことができる。

 

また平日にはコース料理も3種類(2,600円、3,600円、4,300円)用意されている。ブルターニュ(3,600円)というコースは、ガレットに合うシードルと呼ばれるリンゴを発酵させて造る発泡酒とキッシュなどの本日の前菜2品。

 

そしてガレットは伝統的なガレットから1品とオリジナルガレットから1品選ぶことができる。さらに食後には約30種類のクレープから1品とコーヒーか紅茶が選べるボリュームたっぷりのコースだ。プティキャトルズのクレープ生地はオレンジの皮が入っていて食感はモチモチとしていて人気がある。

 

 

 

  • 質問や要望にも対応

 

プティキャトルズ 店員さん

プティキャトルズでは、ガレットの食べ方や組み合わせの飲み物など客からの質問や要望などにも丁寧に対応してくれる。メニューにはのっていない、デザートのクレープをガレットに変えることが可能で、ソバ粉100%のヘルシーでパリッとした生地が女性に人気だそうだ。

 

アイスクリームとの組み合わせがおすすめ。まだ食べたことがない人や、他で食べたことのある人もプティキャトルのパリッとしたガレットを食べてみて!

 

 

  • 1組2名様にブルターニュコースを無料プレゼント
  • 参加方法:下記の 『抽選に参加する』 ボタンを押すだけ
  • 応募締切:08/10/10 (締切以降のご応募は無効となります)
  • 結果発表:08/10/11〜 プレゼント当選ページ及び5-mail

1組2名様にブルターニュコースを無料プレゼント
▲ページトップ