★★ファイブレビューはお洒落なお店や面白い商品を紹介するページ!★★
ファイブスタイル
ホーム マイスタイル ファイブランキング ファイブアラカルト ファイブレビュー ポータルリンク ログイン

ファイブレビュー お洒落なお店、変わった商品の紹介ページ

ドッグステーション

東京都小平市に、犬の総合ケア施設「ドッグステーション」と言うお店があります。このドッグステーションでは、犬に関することなら、ほとんど可能なお店なのです。

店内1Fには、安全な商品だけの雑貨・服飾・フード販売や、お客さんが自由に使えるセルフシャンプー、2Fに上がるとトリミング、サロン、ホテル。店外では、お店に通えない人向けの訪問しての犬のお世話をする『ドッグシッティング』、車がない人や、移動、旅行などには『ドッグタクシー』と言ったワンちゃんを連れての車での移動もしてもらえる。愛犬家にとって、ありがたいサービスがたくさんある。

ドッグステーション

ドッグステーション

ドッグステーション 小平店。
〒187-0043 東京都小平市学園東町436-1 TEL:042-345-6781 営業時間:10:00〜19:00(定休日なし) アクセス:西武新宿線「小平」駅 徒歩10分

今、経験していることは会社員時代とは比べられない
ドッグステーション

ドッグステーション

今回、このお店のオーナー 武岡 史樹さんに、このお店を始めるきっかけや大変だったことについて、お話をお伺いしました。彼は、慶応義塾大学経済学部を経て、株式会社JCBと三和銀行(現 三菱東京UFJ銀行)の経営企画室と言う高学歴・高職歴の地位にいた。しかし、約3年前に起業をするために選んだのは、これまでの職種とは異なる犬の仕事だったそう。このきっかけは、小さい頃から一緒だった犬に対する『愛』が、何ににも変えられないと感じていたからだそう。

ピンチをチャンスに変える!
ドッグステーション

ドッグステーション

一般的には、起業は異業種への起業は上手くいかないケースが多く危険だと言われている。お店をオープンさせて約1年たった今、このことについて不安がなかったかを聞いてみた。「不安はありませんでした。当然、勉強しなくてはいけないことはたくさんありましたが、正しいことをやる気持ちを常に持っていれば、きっとお客さんからの信頼を得ることもできると考えていました」

 

 

とは言え、オープン当初は、お客さんが来店しないことや、お客さんからのクレームなどで不安な出来事も多かった。その精神的な不安を排除するために彼は常に「ピンチをチャンスに変える」と心に言い聞かせていたそうだ。こういった彼のメンタルや考え方も、店を軌道にのせた一つの要因かも知れない。

犬連れ北海道3000キロの旅(エイ出版社)

このお店のオーナーが、脱サラしてから執筆した本に「犬連れ北海道3000キロの旅」(エイ出版)がある。これは、脱サラして最初にした、愛犬ソアラ(フラットコーテッド・レトリバー)と21日間の北海道での3000kmのヒッチハイクのことが書かれている。このヒッチハイクで、今までの順風満帆の人生とは違い、これから起業にむけて「人として生きる原点」を感じたかったからだと言う。

そこから、ドッグステーションのオープンまで約2年半の歳月が流れた。この期間に彼が勉強したことは、日本全国のペットショップを訪問したり、猛勉強をして、ペット栄養管理士、宅建、旅行取引主任者の資格をとり、自分の考える犬の仕事に関して役立てるための勉強をしていったそうだ。

安心、安全なサービスを提供する
ドッグステーション

ドッグステーション

このお店のサービスの1つには、接客にこだわったサービスがある。お客さんとの会話をするときに、スタッフ全員が常に犬目線で話しをするように方膝をつくようにしている。お客さんが安心して満足いくサービスを受けるためには「心をこめたサービス」は大切だと言う。 そして、このお店は、犬をペットとしてみてはいない。「犬は大事なお客様だから、ワンちゃん自身も、またお店に来たくなってもらうような対応を心がけています」と語る。

 

 

 

ドッグステーションからのプレゼント!

ドッグステーション

ドッグステーションでは、1匹1匹の犬のケアしてもらった時の毛並みの状態や、体調具合が記入されているカルテも用意されている。 「安心、安全なサービス」これがドックステーション全体の常に心がけていることだそうだ。オーナーの犬に対する愛情から、今では常連さんに愛される人気店となってきている。これからドッグステーションは、都内で三店舗の店舗計画を予定しているそうだ。ここまで、犬に『愛』があるお店が増えていくことは、愛犬家たちにとっても、とても好ましいことかと思う。